ブログに散らばっている言葉、様々なジャンルの名言をまとめました。

色々クリックできます。

 恋愛

 

           たとえば 、女性が 

           「 散々な一日だったわ。 」 と言ったとする。

 

           それに対して、

           「 そうね。 ホントに長い一日だったわ。 」 と応えたとする。

 

           この返答には

           1. 「 散々な一日だったわ。 」

           あなたのことが心配。 あなたの事はとても大切だと思っているから 、 力になりたい。

           誰かが共感してくれると気持ちが楽になるものね。

           だから 、 あなたの気持ちを理解するようにしてみるわ。

 

           2. 「 そうね。」 

           わかるわ。 あなたと同じ経験をしたことがないかもしれないけれど、

           同じような思いをした事がある。

           どんな気持ちかよくわかるわ。

 

           3. 「 ホントに長い一日だったわ。 」

           偉い。 今日 、 あなたはとても一生懸命 仕事をした。

           やれるだけのことはやったわ。

           ストレスを感じるのも無理ないわ。

 

           このやり取りで伝えるのは感情だけ。 それ以外は伝達されていない。

            -  「  ジョングレイ  

            -  『  ベストパートナーになるために  』   @ 1982

 

           愛人 という名に甘んじるような

           お人好しで一所 抜けたところのあるような女は

           ことのほか貞節で 

           浮気の一つもこっそりしておけるような

           気の利いた所は 持ち合わせていない。

 

           それが出来るような目先の利く女は

           愛人などという 何の益もない

           犠牲だけ強いられる 惨めな立場に 

           べんべんと 大人しく収まってなんかはしない。

           時間の問題に 過ぎない。 

            -  「  瀬戸内寂聴  」

            -  『  愛の倫理  』   @ 2002  /  P.166

 

           相手に伝わらない

           いいえ 、伝えようとすらしない 

           100%の片思いは 

           100%純粋な恋心。

            -  「  松浦弥太郎  」

            -  『  今日もていねいに。  』   @ 2008  /  P.200 

 

           優しさは優しさであって

           優しい心ではなく 、 また

           優しい体だけでもない

           心と体を貫く 優しさがある。     

            -  「  谷川俊太郎  」

            -  『  愛をめぐるメモ  /  日本の名随筆 16 性 吉行淳之介 編  』   @ 1983  /  P.14

 

 MODE - ART

 

         *追記:26, Oct, 2017

           『Fashion: 150 Years of Couturiers, Designers, Labels』  /  「Charlotte Seeling」   / 2012 より

 

           Black is modest and arrogant at the same time.

           Black is lazy and easy - but mysterious.

           But above all black says this:

           I don’t bother you - don’t bother me.

           -

           黒は慎ましやかであり傲慢である。

           黒は怠惰であり安易である - だが神秘的だ。

           しかし何よりも黒はこう主張する:

           私はあなたを邪魔しない - あなたは私の邪魔をするな

            -  「  Yohji Yamamoo  」 - 山本耀司 / 1943 -

 

         *追記:26, Oct, 2017

           『The Art Book: Big Ideas Simply Explained』  /  「DK」 / 2017 より

 

           Every act of creation is first an act of destruction.

           -

           あらゆる創造は破壊に始まる

            -  「  Pablo Picasso  」 - パブロピカソ / 1881 - 1973

 

           The more frightening the world becomes...

           the more art becomes abstract.

           -

           世界が恐怖を増すほど

           アートは抽象的になる

            -  「  Wassily Kandinsky  」 - ワシリーカンディンスキー / 1866 - 1944

 

           Some say they see poetry in my paintings;

           I see only science.

           -

           私の絵に詩を見る人もいるが

           私が見ているのは科学だけだ。

            -  「  Georges Seurat  」 - ジョルジュスーラ / 1859 - 1891

 

 NOVELS

 

           愛してるよ 

           ― ほんとに?

           学者は 嘘はつかん

           よく 過ちをおかすだけだ。

            -  「  大生部多一郎  」

            -  『  ガダラの豚  』   @ 1993  /  P.598

 

           世界が破滅するのと 、この僕が茶を飲めないのと

           どっちが一大事だと思う?

           世界は破滅しても

           僕はいつでも茶を飲まなくちゃいけないんだ。 

            -  「  わたし  」

            -  『  地下生活者の手記  』   /  米川正夫 訳   @ 1864  /  P.107 

 

           皆の者 、 この金貨は わしのものだ

           奴を最初に見つけたのは わしだからな。

 

           だが 、白鯨を しとめるまでは 

           金貨は このままここに 置いておく事にする。

 

           そして 、 奴が 殺されるその日に 

           最初に 奴を見つけた者が

           金貨を取る事に しようではないか。

           もしその時もまた 、 このわしが奴を見つけた場合には

 

           この金貨の十倍の額を全員にくれてやる!

 

           では! 解散! 甲板の指揮は お主に任せたぞ。       

            -  「 エイハブ船長  」

            -  『 白鯨  』   /  八木敏雄 訳   @ 1851  /  P.358

 

           バイセクは ホモとヘテロの中間地点じゃない

           全く別な第三の存在だ

           むしろ 、ホモとヘテロは 裏返せば同じものなんだ。 

 

           バイセクってのは 、同姓であるか異性であるかには 全然拘らない

           相手の人間が

           欲情する信号を発しているかどうかだけで判断する。        

            -  「  柴田よしき  」

            -  『  聖なる黒夜  』   @ 2002

               

           僕は あんまり小さかったから  あの花を愛するって事が わからなかったんだ

            -  「  ぼく  」

            -  『  星の王子さま  』   /  内藤濯 訳   @ 1962  /  P.43

 

 MUSIC

 

           ... ロックは音楽にノイズを持ち込んだ

           これも 、 ロックの「 ジョンケージ」的な側面です

           ... 上の二つの性質は

           後に「 エレクトロニカ 」に受け継がれ 、今に至っている。             

            -  「  坂本龍一  」

            -  『  音楽は自由にする。  』   @ 2009  /  P.83

 

           地球は この宇宙では珍しい星である

           何が珍しいかというと 音のある星 なのである

           音 というのは 何かを媒体としなければ 伝達していかないのだが

           地球の場合には

           海中には 水 、 陸上 には 空気 という媒体物質があるために

           音が 存在している。           

            -  「  神津善行  」

            -  『  植物と話がしたい  』   @ 1998  /  P.10

 

         *追記:26, Oct, 2017

           Jazz is not a style, it’s a process.

           It’s one minute’s music in one minute’s time.

           - 

           ジャズはスタイル (*様式) ではありません。プロセス (*創造の過程) そのものです。

           1分間に生まれる1分間の音楽です。

            -  「  Bil Evans  」

            -  『  The Universal Mind of Bill Evans  』   @ 1966

 

           不安な音色 とか旋律はないんだって気付いた

           大事なのは音が聞こえない状態

           つまり 全くの沈黙の長さと強弱だ 

           わかるかい?

 

           沈黙は 聞く人間の

           うんと 

           昔の記憶を震わせる

           歌ってのは

           その沈黙を刺激してやるだけでいいのさ。            

            -  「  キク / ハシ  」

            -  『  コインロッカーベイビーズ  』   @ 1980  /  P.104

 

           きみはきみの 思うように 生きろ

           ぼくはぼくの したいように したい 

           自由とは 何かを 知りたい人よ

           自由とは ぼくだけに 都合いいことでしょう

            -  「  稲葉浩志  」

            -  『  冷血  』   @ 1997

 

           生きることは 素晴らしいこと

           そんな風に 私も思ってみたい

            -  「  ryo (supercell)  」

            -  『  罪の名前  』   @ 2016

 

         *追記:28, Oct, 2017

           ...強度は重要ですよね。

           感情が反応しないものを作ってしまうのが一番の悪で。

           ほとんどの人は基本的に「Fuck my life(私の人生は最悪だ)」

           って思って生きてるわけじゃないですか。

           聴いてくれる人の人生を救えるくらいの強度にしないと、

           作る意味がないから。

            -  「  ryo (supercell)  」

            -  『  ハチ (米津玄師) × ryo 初めての対談より  』   @ 2017

 

         *追記:30, Oct, 2017

           10代の頃、周囲の大人に昔の自分のことを『本当にクソだった』みたいに言う人がいたんですよね。

           そういうのを見て、本当に嫌だと思ったんです。

           間接的に自分のことをバカにされてるような気になった。

           俺はいつも自分なりに、ものすごく真剣に音楽を作っていた。

           その時の自分が思ういちばんの美しさを表現してるつもりでいた。

           今思い返してみると、考えが足りなかった部分もあるし、未熟だった部分もたくさんある。

           それでもずっと必死だった。

           そういう必死さを『あれは黒歴史だった』と否定したり茶化したりするような

           大人にだけは絶対なりたくないと思った。

           その気持ちは今もずっと残っていますね。

            -  「  米津玄師 (ハチ)  」

            -  『  挑戦者たちの背中 - 若者が米津玄師を支持する理由より  』   @ Today, 2017

 

 CINEMA

 

           Are you talkin' to me ?

           オレに言ってるのか ?  

            -  「  トラヴィス  」

            -  『  タクシードライバー  』   @ 1976

 

           They're not beings.

           They're us.

            -  「  クーパー  」

            -  『  インターステラー  』   @ 2014

 

           真実と虚偽の混濁から生じるものは、虚偽 である。

             ( 撮影された演劇 ないしシネマ )

           虚偽は、もしそれが雑気のない虚偽であれば、真実 を作り出す。

             ( 演劇 )          

            -  「  ロベールブレッソン  」

            -  『  シネマトグラフ覚書  』   @ 1975  /  P.27

 

           困った事に 、うまい。           

            -  「  佐々木生栄  」

            -  『  おくりびと  』   @ 2008

 

           A man tells his stories so many times

           何度も話をしてたら そのうちに

           that he becomes the stories.

           彼自身が物語になっちまったのさ。

            -  『  ビッグフィッシュ  』   @ 2003

 

 ATTITUDE

 

           あわてた時は あわてながら 

           イライラはイライラながらの平常心です。 

            -  「  板橋興宗  」

 

           徳を磨くというのは 、

           自分の心を澄み切った状態に磨いていくということだ

           余計なものが何もない という意味だ ... 

           ... 対すれば相和す

           相手と気持ちを合わせて、自然に気持ちよく降参してもらうのが 

           合気道の理想 なのです。

            -  「  養神館指導部 」  /  「 井上強一 監修  」

            -  『  塩田剛三直伝 合気道 呼吸力の鍛錬  』   @ 2004  /  P.78 

 

           The world is a fine place and worth fighting for.

           世界は最高の場所で 戦うに値する場所である

           I agree with the second part.

           後半には賛成だ。

            -  「  サマセット  」

            -  『  Se7En  』   @ 1995

 

           You don’t have to prove nothing

           君が何か証明する必要があるのは

           to nobody except yourself.

           君自身に対してだけだ。

            -  「  Dボブ  」

            -  『  ルディ  /  涙のウイニング ラン 』   @ 1993

 

           Your correctness is only correct.

           お前の正しさは ただ正しいだけのものだ

           I don`t need it.

           そんなもの俺はいらない。

            -  「  衛宮士郎  」 

            -  『  Fate / stay night  [ Unlimited Blade Works ]  』   @ 2014 - 2015

 

           今 考えている事の逆が正解だ。

           でもそれは大きなミステイク。

            -  「  セッツァー  」

            -  『  FF6  』   @ 1994

 

           お前の周りの世界は

           お前が考えるよりも ちょっとだけ優しいんだよ。

            -  「  高村 仁  」

            -  『  パルフェ - Chocolat Second Brew - 』   @ 1994

 

           いくつもの 輝ける日々

           仲間との約束 無かった事には

           してはいけない。

            -  「  岡部倫太郎  」 

            -  『  Steins; Gate  』   @ 2011

 

           私は ごく普通に生まれ育った女です

           夫や娘のように 軍人でもない

           鉄砲なんて 、 さわったことも ない

           まして それを向けられた事なんて…

           その証拠に  私は今 、

           がたがた ふるえています…

           でも 、止まるわけにはいかない

           私はごく " 普通 " の母親ですから

           " 普通 "  だからこそ

           守らねばならないモノがあるから...

            -  「  メディーナ  」

            -  『  ゼノギアス  』   @ 1998

 

           *追記: 9, Oct, 2017

           そう。自分の為。

           独善的なもの。

           でもね、最初はね、それでいいのよ。

           そうやって少しずつ

           与えることの喜びを学んでいけば、

           いつか他人の為に

           自分自身の大切な部分を

           分け与えることが出来ると思うの。

           きっと…

           …いつか。

            -  「  エリィ  」

            -  『  ゼノギアス  』   @ 1998

 

           No mistakes in the tango

           タンゴに間違いはない

           not like life

           人生とは違って。

           It’s simple. 

           単純なんだ

           That’s what makes the tango so great.

           それが タンゴの素晴らしいところだ。

           If you make a mistake, get all tangled up

           間違えて 、足が もつれても

           just tango on.

           踊り続ければいい。   

            -  「  フランクスレード中佐  」

            -  『  セント オブ ウーマン  /  夢の香り  』   @ 1992

 

 幸せについて

 

           Happiness is

           幸福 とは

           when what you think

           考えること

           what you say

           言うこと

           and what you do

           行うことが

           are in harmony.

           調和している 状態である。

            -  「  ガンジー  」

 

           金や名声や権力を手に入れようとするのは、

           現実的に見えて実は子供が泥団子を作って遊んでいるのと変わり無いものじゃ。

           死という誰もが避けられない現実がある限り、

           どれほど金や名声や権力を積み上げても時間によって無に還る。

           それは100%確実な事であり、

           誰にとっても現実というものなのじゃ。

 

           そのような死によって終わる事の無い境地だけが、

           本当の現実に対応していると言えるのじゃ。

           そのような境地を得る為に時間を使うのなら、

           それは遊びではなく現実に生きる事と言えるじゃろう。

 

           消えてしまう時間によって

           消えてしまう金や名声や権力というものを追いかけるならば、

 

           それは夢の中で生きているのと変わりは無い。

           いずれ死によって何もかもが夢となるじゃろう。

 

           消えてしまう時間によって、

           消える事の無いものを求めるならば、

           永遠に消える事の無い意識にたどり着くじゃろう。

            -  「  鬼和尚  」

            -  『  本当に努力する価値ある事に努力するのじゃ。  』   @ 2009

              

           1  「 世俗の幸福 」

              

           加害し合わないことから生じる幸福は、冷静に親しく交際することです。

           お互いに愛の眼で見、すれ違うとき目を背けたり無視することなく、

           乳と水のように親しみ、水と油のように憎み合う必要はありません。

              

           世界のすべての人が望んでいる平和は、この幸福です。だからブッダは、

           「 世俗の幸福 」あるいは「 世俗の領域が望む幸福 」と言われています。

              

           酔う水を飲むことや衛生を無視するなど、自分だけを苦しめることは

           直接他人に関係がなくても、そこには他人への迷惑が潜んでいます。

           酒を飲むことで近所から嫌われ、危険視され、何の役にも立たない人になり、

           それが妻子や一族の評判を落とし、価値や幸せのない家になります。

              

           だから

           『 多くの生き物の中で生きるには、慎み深く、注意を集中しなければならない 』

           というブッダの言葉は、直接殺害したり苦しめたりする意味だけでなく、

           当然この隠れた迷惑も意味すると言わなければなりません。

 

           2  「 身を焼き滅ぼす幸福 」

              

           ブッダが、幸福として金銀財宝、妻子や豪勢な家などを「 世俗の幸福 」と呼ばれないのは、

           それはただの陶酔、あるいは快適便利なだけで、

           自他を害さないことのように明瞭で、平和な幸福ではないからです。

              

           3  「 愛らしいものに欲情しない幸福 」

              

           五欲 ( 色欲、食欲、財欲、名誉欲、睡眠欲 ) と呼ぶ、愛らしくて心を膨らませるものも

           幸福を生じさせる原因ですが、欲情、愛、魅惑、満足などに依存しなければ幸福になれません。

           そして望みどおりになれれば癖になり、飽きてまた新しい対象を求めます。

              

           愛欲することは、悲しみや恐れ、疑心暗鬼や未練、嫉妬、落胆を生じさせる沼です。

           だから愛のある時は、いま挙げたいずれかの意味で悪の時です。

           反対に愛に淡白な時は、心が冷静ですっきりしている時です。

              

           だからブッダ

           『 愛に勝つことは幸福である。愛に負けた人は、その時自分自身がないので、

           何もかも愛に奉仕しなければならない。望みを叶えるために愛の努力をする人は、

           それ以上負けるものがないくらい、終始愛に負けている 』 と言っています。

              

           それまで愛して求めるためにあった欲情や愛を吐き出してしまうことは、 幸福への道であり、

           吐き出すことができれば、本当に穏やかな幸福です。

              

           4  「 静かな幸福 」

              

           これまで説明してきたのは、自分があると理解している自我の幸福だと知らなければなりません。

              

           「 自分 」という理解があれば、その人には自分自身があり、

           「 私は私、あの人はあの人 」という気持ちがあります。

           誰の自分かは、その人の自分です。

              

           子供はゴルフのどこが楽しいのか理解できないし、大人は二度と人形で遊びたいとは思いません。

           これは内面の気持ちが違うからです。

           様々なレベルの幸福を理解することや希求することも同じで、

           世俗的な感覚をどれだけ強く、深く、重く、あるいは浅く持っているか、

           心の感覚次第です。

              

           身体面でも精神面(mental)でも、全体的に言っても、部分的に言っても、

           人間の中に「 自分 」はありません。

           しかしまだ知らない時は、懐中時計の機械を初めて見た子供が、

           時計を生き物と思うのと同じように、自分があると思います。

              

           「 無我 」の人生、あるいは「 世界には自分、あるいは自我という状態がある 」 という気持ちのない人生は、

           自我の人生と正反対、あるいは明と暗のように違います。

           今まで、自分が好きなものを願望して呼吸をしていましたが、

           今は欲しいものがなく、自由で呼吸をしています。欲しい物がありません。

              

           かつて自分が好きだったものは、あってもなくても同じになり、

           死ぬことも生きることも同じになり、生まれるものも死ぬものもありません。

           あるのはそれ自体の成り行きで変転して行くものだけです。

              

           以前は愛欲で形、声、香、味、触を味わっていましたが、

           今は体を維持するため、あるいは命の自然で、何かを多少食べます。

           以前は自分が欲しいものに熱中するために生きていましたが、今はただ、

           この体を構成している物質の終焉まで、生きながら静かな幸福を味わいます

            -  「  プッタタート比丘  」

            -  「  幸福の話  」   @ 1935

 

働くこと

 

           明確な意図を持って仕事をすべきだ。

 

           自分が どういう人間か。

           人生で何を大切にしたいか はっきり意識し、 

           自分の前にある選択肢 と、それぞれの道を選んだ場合に待っている結果について 、

           深く理解しなくてはならない。

 

           そのためには、自分が望まない選択肢にはっきりノー を言う 勇気 が必要だ。

           自分が大切にしたい要素を優先させる職業生活を送れる場を積極的に探す姿勢が必要だ。

           他の人とは違う一人の個人として 自分の生き方に責任をもち、

           自分を確立していく覚悟が必要だ。

              

           未来の世界で、自分にとって大切な価値や自己像を追求できる可能性と、

           そのための選択と行動を行う自由を手にする。

           そういう時代には、社会や組織からどのような制約を課されているか認識し 、

           其の制約にどう向き合うかを決めるのが自分自身だと理解し、同時に 、

           自分の選択と行動がもたらす結果からは逃れられないのだと

           覚悟する必要がある。

            -  「  リンダグラットン  」 

            -  『  ワークシフト  』   /  池村千秋 訳   @ 2011  /  P.372

 

         *追記:28, Oct, 2017

           やっぱり曲を作るのって、

           精神的な面でも孤独な作業なんですよ。

           例えば働く時間が決まってて、

           働いたぶんのお金をもらうっていうのが普通の仕事ですよね。

           でも、我々のように曲を作ってる人間は

           生き方を売っているから、そこで妥協できないんですよ。

            -  「  ryo (supercell)  」

            -  『  ハチ (米津玄師) × ryo 初めての対談より  』   @ 2017

 

           高校生の頃、

           好きなことを仕事にするのはつらいよ、

           そこそこ好きなことを仕事に選ぶといいと助言された

           僕はその言葉に逆らった

           そして今それで良かったと思える

 

           この仕事がそこそこ好きなことだったら

           もう投げ出していただろう

           好きなことと自分はイコールだ

           自分を投げ出すわけにはいかない

            -  「  井上雄彦  」

            -  『  バガボンド 28巻  』   @ 2008  /  後書き

              

考え方前半-知識編

         *追記:22, Oct, 2017

           『The First and Last Freedom』  /  「クリシュナムルティ」 / 1954 より

 

           Chapter Ⅳ: Self-Knowledge

 

           *原文

           The fundamental understanding of oneself

           does not come through knowledge or though the accumulation

           of experiences, which is merely the cultivation of memory.

           The understanding of oneself is from moment to moment.

 

           -

 

           第4章: 自分を学ぶこと

 

           *私訳

           知識、経験知から自分を本質的に学ぶことはできません。

           それは単に記憶が作り出したものです。

           一瞬一瞬を生きることが自分を学ぶことです。

 

           P.46

 

           The revolution must begin with oneself― but not according to

           any belief or ideology, because revolution based on idea,

           or in conformity to a paticular pattern, is obviously

           no revolution at all.

 

           To bring about a fundamental revolution in oneself,

           one must understand the whole process of one's thought

           and feeling in relationship.

 

           That is the only solution to all our problems― not to have

           more disciplines, more beliefs, more ideologies and

           more teachers.

 

           If we can undestand ourselves as we are from moment to moment

           without the accumulation, then we shall see how there comes a tranquillity

           that is not a product of the mind, a tranquillity that is neither

           imagined nor cultivated; and only in that state of tranquillity

           can there be creativeness.

 

           -

 

           世界が根本的に変わるには自分自身から始めなければいけません―

           しかし信仰やイデオロギーによっては出来ません。

           なぜならば思考や特定のあり方に従うことは

           決して変革を生み出さないからです。

 

           自分が根本的に変わるためには

           自分の思考と感情がどう関わり合っているのか学ばなければいけません。

 

           それが私たちの抱える全ての問題 (*前文にて言及:戦争、失業、飢餓、階級の区別など)

           を解決する唯一の方法です―規則、信念、思想、知識人によっては出来ません。

 

           もし私たちが記憶に頼らず

           一瞬一瞬に生きている私たち自身を把握する事ができれば、

           静寂な心境になります。それは心が生み出すものではありません。

           イメージされるものではありません。そして静寂の中にのみ

           創造性が生まれます。

 

           P.49

 

           Chapter V: Action and Idea

 

           The idea ceases only when there is love.

           Love is not memory, Love is not experience.

           Love is not thinking about the person that one loves,

           for then it is merely thought.

 

           You cannnot think of love.

           You can think of the person you love or are devoted to―

           your guru, your image, your wife, your husband;

           but the thought, the symbol, is not the real which is love.

           Therefore love is not an experience.

 

           ...there is no gap between love and action,

           as there is in between idea and action.

           Idea is always old, casting its shadow on the present...

 

           One has to be aware of this total process,

           of how ideas come into being, how action springs from ideas,

           and how ideas control action and therefore limit action,

           depending on sensation.

 

           Ideas are not truth; and truth is something that

           must be experienced directly, from moment to moment.

           It is not an experience which you want― which is merely sensation.

 

           Only when one can go beyond the bundle of idea―

           which is the 'me' , which is the mind, which has a partial or

           complete continuity― only when one can go beyond that,

           when thought is completely silent, is there a state of expriencing.

           Then one shall know what truth is.

 

           -

 

           第5章: 行動と思考

 

           愛がある時にだけ思考が止まります。

           愛は記憶ではありません。愛は経験ではありません。

           愛は愛する人を考えることではありません。

           それは思考にすぎません。

 

           愛について考えることはできません。

           愛する人や惚れ込んでいるもの―師匠、あなたの好きなイメージ、

           妻、夫について考えることはできます。

           しかし思考やシンボル (*象徴の対象) は本当の愛ではありません。

           だから愛は経験ではありません。

 

           ...愛と行動の間にギャップはありません。

           思考と行動の間にはあります。

           思考は常に遅れています、今を追いかける影のように...

 

           思考が生まれ、行動が思考から生まれるプロセス、

           思考が行動をコントロールしているプロセスに

           気付いていなければいけません。

           それ故に行動は五感に依存しリミット(*制限)がかかっています。

 

           思考は真実ではありません。

           真実はダイレクト (*直接的) に、一瞬一瞬に経験されるものです。

           あなたが欲しがっている経験ではありません―それは五感に依るものです。

 

           「私」、心、部分的に、もしくは完全な連続性がある―思考の縛り

           を超えた時にのみ、思考は完全に止まり、(*注釈:本当の意味での)

           経験が可能になります。

           そして何が真実なのかわかるでしょう。

 

           P.55-56

 

           Chapter Ⅵ: Belief

 

           Is it possible for the mind to be free of

           all that knowledge, all that authority?

           ...Is the mind capable of freedom from belief?

 

           You can only be free from it

           when you understand the inward nature of the causes

           that make you hold on to it, not only the conscious

           but the unconscious motives as well, that makes you believe.

 

           We can find out the deeper conscious and unconscious activities

           if we give the unconscious mind a chance, because

           it is much quicker in responce than the conscious mind.

 

           Please do not say that belief brings people together.

           It does not. That is obvious.

 

           No organized religion has ever done that.

           Look at yourself in your own country.

 

           You are all believers, but are you all together?

           Are you all united? You yourselves know you are not.

           You are divided into so many petty little parties, castes;

           you know the innumerable divisions.

 

           The process is same right through the world―

           whether in the east or in the west―

           Christians destroying Christians, mudering each other

           for petty little things, driving people into camps and so on,

           the whole horror of war.

 

           Therefore belief does not unite people. That is so clear.

           If that is clear and that is true, and if you see it,

           then must be followed.

 

           But the difficulty is that most of us do not see, because

           we are not capable of facing that inward insecurity,

           that inward sense of being alone.

 

           We want something to lean on, whether it is the State,

           whether it is the caste, whether it is nationalism,

           whether it is Master or Saviour or anything else.

 

           And when we see the falseness of all this,

           then the mind is capable― it may be temporarily for a second―

           of seeing the truth of it.

 

           -

 

           第6章: 信念

 

           心はあらゆる知識、権威から自由になりうるのでしょうか?

           ...信念に執われなくなるのでしょうか?

 

           あなたを掴んで離さない原因となっているあなたの内にある性質を

           意識上にあるものだけでなく無意識にある原因 (*動機) も含めて

           理解した時にのみあなたは自由に成りえます。

 

           無意識にチャンス (*機会) をあたえれば

           もっと深く意識的、無意識的に動けるようになります。

           なぜならば無意識は意識的な心より速く反応するからです。

 

           ...信念が人々を一つにするとは言わないでください。

           一つにはしません。明らかです。

 

           今まで宗教団体はそれを成しえませんでした。

           皆さんの国にいる皆さん自身を見てください。

 

           皆さんは全ての方が何かを信じています、しかし一つになっていますか?

           一致団結していますか?皆さんご自身がそうではないとわかっていますでしょう。

           数え切れないほどのグループに分かれています。

 

           世界は東西同じプロセスを歩んでいます。

           些細な事のためにキリスト教徒はキリスト教徒同士で殺し合い、

           人々を兵舎に送り全くのホラー (*恐怖) である戦争に駆り立てます。

 

           だから信念は人々を一つにしません。明らかです。

           それが明らかで真実であることを皆さんが理解したら

           真実に従わなければなりません。

 

           ですが私たちの大半が理解しようとしません。なぜならば

           孤独という内なる不安を直視することができないからです。

           これは難しい問題です。

 

           私たちは何かに依存したいのです。

           住んでいる地域であれナショナリズムであれ師匠であれ

           救世主であれ他の何ものかであれ。

 

           これら全てがまやかし (*嘘っぱち) であることを見抜いた時に

           ほんの僅かな瞬間であれ真実を見ることができます。

 

           P.63-64

 

           Chapter XⅠ: Simplicity

 

           We seem to think that simplicity is merely an outward expression,

           a withdrawal: having few posessions, wearing a loin-cloth,

           having no home, putting on few cloths, having a small bank account.

           Surely that is not simplicity.

 

           It seems to me that simplicity is essential;

           but simplicty can come into being only

           when we begin to understand the significance of self-knowledge.

 

           Simplicity is not merely adjustment to a pattern.

           It requires a great deal of intelligence to be simple.

 

           -

 

           第11章: シンプルであること

 

           私たちはシンプルを表面的に捉えています。

           棚に物が少ないこと、腰巻を付けていること、家をもたないこと、

           服が少ないこと、貯金が多くないこと、です。

           確かなことはこれがシンプルであることではないという事です。

 

           シンプルとは本質的なものです。

           シンプルとは自分を学ぶことが大切であることを理解し始めた時にのみ

           生まれるものです。

 

           シンプルとは決まったパターン (*型) に当てはめることだけに限りません。

           シンプルであるには優れた知性を備えていることが求められます。

           P.88

 

           8. On Awareness

 

           Awareness is observation without condemnation.

           Awareness brings understanding, because

           there is no condemnation or identification but

           silent observation.

 

           If I want to understand something, I must observe,

           I must not criticize, I must not condemn, I must not

           pursue it as pleasure or avoid it as non-pleasure.

           There must merely be the silent observation of a fact.

 

           ...Awareness is not self-improvement. On the contrary,

           it is the ending of the self, of the 'I', with all its

           peculiar idiosyncrasies, memories, demands and persuits.

           ...The man who wants to improve himself can never be

           aware, because improvemnt implies condemnation and the

           achivement of a result.

 

           -

 

           8. 気付きについて

 

           気付きとは非難がない観察のことです。

           気付きは理解を促します。なぜならば

           非難したり自分に同一化することはありませんが

           静かな観察があるからです。

 

           何かを理解したければ観察しなければなりません。

           批判してはいけません。糾弾してはいけません。

           快楽や心地よくない思いをしないために求めてはいけません。

           単に事実を静かに観察することだけでなくてはなりません。

 

           P.173

 

           19. On Prayer and Meditation

 

           Meditation is self-knowledge and without self-knowledge

           there is no meditation.

 

           -

 

           19. 祈る人と瞑想

 

           瞑想とは自分を学ぶことです。

           自分を学ぶことがなくては瞑想ではありません。

 

           P.220

 

           21. On Sex

 

           Why is that whatever we touch we turn into a problem?

 

           We have made God a problem, we have made love a problem,

           we have made relationship, living a problem, and

           we have made sex a problem.

           Why? Why is everything we do a problem, a horror?

 

           Why are we suffering? Why has sex become a problem?

           Why do we submit to living with problems, why do we not

           put an end to them?

 

           Why do we not die to our problems insted of carrying them

           day after day, year after year?

 

           ...What do we mean by the problem of sex?

           Is it the act, or is it a thought about the act?

           Surely it is not the act. The sexual act is no problem to you,

           any more than eating is a problem to you, but if you think about

           eating or anything else all day long because

           you have nothig else to think about, it becomes a problem to you.

 

           ...Why are your minds so occupied with Sex? Because

           that is a way of ultimate escape, is it not?

           It is a way of complete self-forgetfulness.

           For the time being, at least for that moment,

           you can forget yourself.

 

           ...Everything else you do in life gives emphasis to the 'me', to the self.

           Your business, your religion, your gods, your leaders, your political and

           economic actions, your escapes, your social activities, your joining

           one party and rejecting another―

           all that is emphasizing and giving strength to the 'me'.

 

           ...so you cling to the one thing which gives

           complete self-forgetfullness, which you call happiness.

           But when you cling to it, it too becomes a nightmare, because

           then you want to be free from it, you do not want to be a slave to it.

           ...This again gives particular emphasis to the 'me'

           who is trying to become something...

 

           ...Surely the problem can be solved only

           when you understand the whole process and structure of the 'me'

           and the 'mine': my wife, my child, my property, my car,

           my achievement, my success;

           until you understand and resolve all that,

           sex as a problem will remain.

 

           -

 

           21. セックスについて

 

           なぜ私たちに関わりのある事すべてを問題にするのでしょうか?

 

           私たちは神を問題にしました。愛を問題にしました。

           人間関係を、生きることを、そしてセックスを問題にしました。

           なぜでしょうか?なぜ全てを問題に、ホラーにするのでしょうか?

 

           なぜ私たちは苦しむのでしょうか?なぜセックスが問題になるのでしょうか?

           なぜ生きることを問題にして、なぜ問題にすることを止めないのでしょうか?

 

           なぜ毎日毎日、毎年毎年それらを問題にする事を終わりにして

           死について問題にしようとしないのでしょうか?

 

           ...セックスの問題とは何でしょうか?

           行為についてでしょうか、それとも行為についての思考でしょうか?

           確かなことは行為についてではないという事です。

           性的な行為はあなたにとって問題ではありません。

           食べることがあなたにとって問題ではない事と同様です。

           しかし特に考えるべきことが無いので、

           食べることや他の何かについて一日中考えを巡らすならば

           あなたにとって問題になります。

 

           ...人生であなたが行っているあらゆることは「私」を、自我を強くします。

           あなたの仕事、宗教、神、リーダー、政治的、経済的な行動、逃避の手段、

           社会的な活動、ある政党を支持し、他の政党を排斥すること―

           全てが「私」が強くなることを促し「私」に力を与えます。

 

           ...だからあなたは完璧に自分を忘れることができる事に執着します。

           それをあなたは幸福といいます。

           しかしそれに依存すると、それは同時に悪夢になります。なぜならば

           あなたはそれから逃れたい、奴隷になりたくないからです。

           ...これは再び「私」を強くします。何かになろうとしている「私」です...

 

           P.227-229

 

           22. On Love

 

           Obviously love is not sentiment.

           To be sentimental, to be emotional, is not love,

           because sentimentality and emotion are mere sensation.

 

           ...Sympathy, forgiveness, the relationship of possiseiveness,

           jelousy and fear― all those things are not love.

           They are all of the mind, are they not?

 

           As long as the mind is the arbiter, there is no love, for

           the mind arbitrates only through possessiveness and

           its arbitration is merely possisiveness in different forms.

 

           ...Obviously there is no love when there is no real respect,

           when you don't respect to another, whether he is your servant

           or your friend.

 

           Have you not noticed that you are not respectful, kindly, generous,

           to your servants, to people who are so-called 'below' you?

 

           You have respect for those above, for your boss, for the millionaire,

           for the man with a large house and a title, for the man who can

           give you a better posistion, a better job, from whom

           you can get something.

 

           -

 

           21. 愛について

 

           愛は感情でないことは明らかです。

           センチメンタルであること、感情的になることは愛ではありません。

           なぜならば感情的であることは感覚(*五感の反応)に過ぎないからです。

 

           ...同情、許すこと、所有欲に関係すること、妬み、恐れ―

           これら全て愛ではありません。

           これらは心から生まれるものですよね?

 

           心が登場するときに愛はありません。

           なぜならば心は所有欲として表れるからです。

           心が顕れることは所有欲の別の形に過ぎないからです。

 

           ...あなたの従者であれ、友人であれ、誰かを尊敬していない時に、

           本当の意味での尊敬がない時に、愛がないことは明らかです。

 

           あなたの従者、あなたが「下の立場にいる人」と呼んでいる人に対して

           あなたが尊敬と優しさと寛大さに欠けている事に気付いていませんよね?

 

           あなたはあなたの上司、お金を持っている人、大きな家を持っている人、

           肩書きがいい人、あなたの出世を左右する人、良い仕事をくれる人、

           あなたが何かを得ることができる人を尊敬しています。

 

           P.232-233

              

考え方後半-実践編

         *追記:22, Oct, 2017

           『Monk in the Mountain - Questions from the City, Answers from the Forest

             /  「Ajahn Sumano Bhikkhu」  / アーチャン スマノー比丘 / 1999 より

 

         *質問は要約して記載いたしました

 

           - 善い人生について

 

           *原文

           Q: How can I make better choice?

 

           A: The quality of your life depends on the quality of your choices.

           And the quality of choices depends upon the evolution of your widsdom.

           If you want to make better choices, more appropiate decision, meditate.

 

           -

 

           *私訳

           Q: どうすればより良い選択肢を選ぶことができますか?

 

           A: 人生の充実度は判断の質に依っています。

           判断の質は智慧の発達度に依っています。

           より良い選択肢を選びたいのであれば、

           もっとも適切な方法は、瞑想することです。

 

           P.47

 

           - 戦争について

 

           Q: Why is there always war?

 

           A: Because there are armies.

           ...When people have no fear, nothing to defend,

           the army will disband and everyone can turn their attention

           to the problem of birth and death.

 

           When they slove that,

           they can sit in the park, watch the seasons change.

 

           -

 

           Q: なぜいつも戦争が起こっているのですか?

 

           A: 軍隊があるからです。

           ...人々が恐れの感情を持っていなければ、守るべきものはありません。

           軍隊は解体し人々は生と死の問題を考えることができます。

 

           生まれる事と死にゆく事の問題を解決したら、

           公園に座って、季節の変化を眺めることができます。

 

           P.80

 

           - 沈黙について

 

           Q: Why the silence are required in monastery?

 

           A: In the temple one could discover that

           just by being silent,

           we can learn a lot about ourselves.

 

           ‐

 

           Q: なぜお寺では沈黙を求められるのですか?

 

           お寺で静かにしているだけで何かを発見することができます。

           自分自身について多くを学ぶことができます。

 

           P.95

 

           - 苦しみについて

 

           Q: What is the cause of suffering?

 

           A: Respondind inappropriate to the moment.

 

           -

 

           Q: 苦しみの原因は何ですか?

 

           A: その時の状況に適さない行動をとることです。

 

           P.137

 

           - 人間関係について

 

           Q: What is the best way to relation to others?

 

           A: If there were a formula,

           I would say H plus C equals A.

           Humility plus Compassion equals Appropiateness.

 

           -

 

           Q: 人間関係で最も大切なことは何ですか?

 

           A: もし公式があるとすれば、

           H+C=Aと言えます。

           謙遜の心+慈愛のある憐れみの心=適切な行動です。

 

           P.83

 

           - 悟りについて

 

           Q: What is Enlightnment?

 

           A: ...That person is Enlightnment.

           He/She become a Living Light for everyone.

 

           -

 

           Q: 悟りとは何ですか?

 

           A: ...悟った人は男性であれ女性であれ

           あらゆる人に対して生きる光となります。

 

           P.34

 

           - 瞑想について

 

           Q: What is Meditation?

 

           A: In Englisgh we call it "Love", Spritual Love.

           It is the state of being fully in the moment,

           fully awake, and fully responsive.

 

           If that is not Love,

           What other state of being or experience

           is worthy of being called love?

 

           -

 

           Q: 瞑想とは何ですか?

 

           A: 英語では「愛」、精神的な愛を指します。

           それは今を充分に生きている、常に気付いている、

           充分に反応している状態のことです。

 

           もしそれが愛でなければ、

           他のどんな状態や体験を愛と呼ぶに値しましょうか?

 

           P.37

 

           - 幸せについて

 

           Q: What is Happiness?

 

           A: Happiness comes from suffering

           - getting beyond suffering.

           It doesn't depend on where you are or what you are doing.

           It doesn't depend on anything.

 

           -

 

           Q: 幸せとは何ですか?

 

           A: 幸せは苦しみから生まれます

           - 苦しみを超えようとすることから生まれます。

           幸せはあなたが何処にいようと何をしていようと関係なく生まれるものです。

           何に対しても依存していません。

 

           P.99

 

ZEN - 禅

 

           皿を洗っている時は

           それが人生で一番大切な事でなければなりません。

           お茶を飲む時は

           それが人生で一番大切な事なのです。

           お手洗いに行く時も

           それを人生で一番大切な事にするのです。

            -  「  ティクナットハン  」

            -  『  マインドフルの奇跡  』   @ 1995  /  P.34

 

           *追記: 22, Oct, 2017

           *原文

           Ask yourself that question:

           What is there that you can get or be

           that will not bring distress and anxiety?

           ...Craving one has feeiligs of a certain kind

           towards getting bnd being.

 

           *私訳

           あなた自身に聞いてみてください:

           ストレスや心配ごとにならないものを得ること、

           あるいは、あなたがその状態にならないものが

           何かありますか?

           ...ある事に執われることある事を愛することは

           得ることと何かで在ろうとすることを含んでいる感情です。

            -  「  プッタタート比丘  」

            -  『  Handbook for Mankind  』   @ 1956  /  P.49-50

 

           あたりまえでよかった

           ごくあたりまえでよかったのだと 気づく こと

           そして ごくあたりまえの平凡な人になる

           これを仏道の人とも言うのです。

            -  「  板橋興宗  」 

 

           道(さとり)は修行を要せぬものなり。

           ただ自己を汚さぬことなり。

           何が汚れかと問へば、

           生死の心を起こし、

           何かをなし、

           何かのためになすなら、

           すべてそれ汚れなり。

           あたりまへの心なるが道なり。

            -  「  馬祖道一  」

            -  『  一休 / 水上勉  』   @ 1975  /  P.61

 

           *書き下し文

           雲居高祖いはく、

           「 たとひ仏法辺事を学得する、*はやくこれ錯用心也 」。

           しかあれば、半枚学仏法辺事

           ひさしくあやまりきたること、

           日深月深なりといへども、

           これシャ皮袋に撞入 ( とうにゅう ) する狗子なるべし。

           知而今犯なりとも、有仏性なるべし。

 

           *現代語訳:

           雲居道膺 ( よう ) は次のように云っている、

           「 たとえ仏法について学び仏道を成就するにも、

           *まず錯 ( あやま ) ちのなかに 迷いきることだ 」 と。 

           - ( *Sōjun: 当ブログはこのようにお使い下さい )

 

           このようであるから、仏法のすべてを学ぼうとするには

           妄念のなかに迷い 錯誤に錯誤をかさねてこそ、

           覚りは日に深く月に深まるのであって、

           これは 犬の皮袋に撞き入れられた犬にほかならない。

           知が深まれば更に錯りに入るので あって、

           それが人のありのままであり本性なのだ

            -  「  道元さん  」

            -  『  正法眼蔵  』   @ 1231 - 1253  / 1996 / P.125

            -  「  石井恭二 訳 / 仏性の巻  」

 

           雨にも 負けず 風にも 負けず

           雪にも 夏の暑さにも 負けぬ

           丈夫な からだを もち

           欲は なく

           決して 怒らず

           いつも静かに 笑っている

 

           一日に 玄米四合と 味噌と

           少しの野菜を 食べ

 

           あらゆることを 自分を勘定に入れずに

           よく見聞きし 分かり

           そして 忘れず

 

           野原の松の 林の陰の

           小さな萱ぶきの 小屋に いて

 

           東に 病気の子供 あれば

           行って 看病 してやり

 

           西に 疲れた母 あれば

           行って その稲の束を 負い

 

           南に 死にそうな人 あれば

           行って こわがらなくてもいいと いい

 

           北に 喧嘩や訴訟が あれば

           つまらないからやめろと いい

 

           日照りの時は 涙を流し

           寒さの夏は おろおろ歩き

           みんなに でくのぼ-と 呼ばれ

 

           褒められも せず

           苦にも されず

 

           そういうものに

           わたしは なりたい

            -  「  宮沢賢治  」

            -  『  雨ニモマケズ  』   @ 1931

 

           音楽なんてね 、 皆さん 

           何も 特別なものでは ないんですよ。

           みんなが 好きな音楽を 聴いて

           好きな楽器を 弾きたいように 弾く、 と。

           それだけのことです。

           楽しいよ。

            -  「  植松伸夫  」

            -  『  Final Fantasy 4 Celtic Moon ライナーノーツより  』   @ 1991

 

 

終わります。

またいつでも見にいらしてください。

 

ご覧頂きありがとうございました。

 

広告を非表示にする