ブログに散らばっている言葉+色々なジャンルの名言まとめ。

色々クリックできます。

 恋愛

 

             たとえば 、女性が 

             「 散々な一日だったわ。 」 と言ったとする。

              

             それに対して、

             「 そうね。 ホントに長い一日だったわ。 」 と応えたとする。

              

             この返答には

             1. 「 散々な一日だったわ。 」

             あなたのことが心配。 あなたの事はとても大切だと思っているから 、 力になりたい。

             誰かが共感してくれると気持ちが楽になるものね。

             だから 、 あなたの気持ちを理解するようにしてみるわ。

              

             2. 「 そうね。」 

             わかるわ。 あなたと同じ経験をしたことがないかもしれないけれど、

             同じような思いをした事がある。

             どんな気持ちかよくわかるわ。

              

             3. 「 ホントに長い一日だったわ。 」

             偉い。 今日 、 あなたはとても一生懸命 仕事をした。

             やれるだけのことはやったわ。

             ストレスを感じるのも無理ないわ。

              

             このやり取りで伝えるのは感情だけ。 それ以外は伝達されていない。

              -  「  ジョン グレイ  

              -  『  ベストパートナーになるために  』   @ 1982

              

             愛人 という名に甘んじるような

             お人好しで一所 抜けたところのあるような女は

             ことのほか貞節で 

             浮気の一つもこっそりしておけるような

             気の利いた所は 持ち合わせていない。

              

             それが出来るような目先の利く女は

             愛人などという 何の益もない

             犠牲だけ強いられる 惨めな立場に 

             べんべんと 大人しく収まってなんかはしない。

 

             時間の問題に 過ぎない。 

              -  「  瀬戸内 寂聴  」

              -  『  愛の倫理  』   @ 2002  /  P.166

              

             相手に伝わらない

             いいえ 、伝えようとすらしない 

             100%の片思いは 

             100%純粋な恋心。

              -  「  松浦 弥太郎  」

              -  『  今日もていねいに。  』   @ 2008  /  P.200 

              

             優しさは優しさであって

             優しい心ではなく 、 また

             優しい体だけでもない

             心と体を貫く 優しさがある。     

              -  「  谷川 俊太郎  」

              -  『  愛をめぐるメモ  /  日本の名随筆 16 性 吉行 淳之介 編  』   @ 1983  /  P.14

 

 

 心のもちかた

              

             The world is a fine place and worth fighting for.

             世界は最高の場所で 戦うに値する場所である

             I agree with the second part.

             後半には賛成だ。

              -  「  サマセット  」

              -  『  Se7En  』   @ 1995

              

             You don’t have to prove nothing

             君が何か証明する必要があるのは

             to nobody except yourself.

             君自身に対してだけだ。

              -  「  Dボブ  」

              -  『  ルディ  /  涙のウイニング ラン 』   @ 1993

              

             Your correctness is only correct.

             お前の正しさは ただ正しいだけのものだ

             I don`t need it.

             そんなもの俺はいらない。

              -  「  衛宮 士郎  」 

              -  『  Fate / stay night  [ Unlimited Blade Works ]  』   @ 2014 - 2015

 

             いくつもの 輝ける日々

             仲間との約束 無かった事には

             してはいけない。

              -  「  岡部 倫太郎  」 

              -  『  Steins; Gate  』   @ 2011

 

             今 考えている事の逆が正解だ。

             でもそれは大きなミステイク。

              -  「  セッツァー  」

              -  『  FF6  』   @ 1994

 

             お前の周りの世界は

             お前が考えるよりも ちょっとだけ優しいんだよ。

              -  「  高村 仁  」

              -  『  パルフェ - Chocolat Second Brew - 』   @ 1994

 

             私は ごく普通に生まれ育った女です

             夫や娘のように 軍人でもない

             鉄砲なんて 、 さわったことも ない

             まして それを向けられた事なんて…

             その証拠に  私は今 、

             がたがた ふるえています…

             でも 、止まるわけにはいかない

             私はごく " 普通 " の母親ですから

             " 普通 "  だからこそ

             守らねばならないモノがあるから...

              -  「  メディーナ  」

              -  『  ゼノギアス  』   @ 1998

 

             徳を磨くというのは 、

             自分の心を澄み切った状態に磨いていくということだ

             余計なものが何もない という意味だ ... 

             ... 対すれば相和す

             相手と気持ちを合わせて、自然に気持ちよく降参してもらうのが 

             合気道の理想 なのです。

              -  「  養神館指導部 」  /  「 井上 強一 監修  」

              -  『  塩田 剛三 直伝 合気道 呼吸力の鍛錬  』   @ 2004  /  P.78 

              

             あわてた時は あわてながら 

             イライラはイライラながらの平常心です。 

              -  「  板橋 興宗  」

              

             No mistakes in the tango

             タンゴに間違いはない

             not like life

             人生とは違って。

              

             It’s simple. 

             単純なんだ

             That’s what makes the tango so great.

             それが タンゴの素晴らしいところだ。

              

             If you make a mistake, get all tangled up

             間違えて 、足が もつれても

             just tango on.

             踊り続ければいい。   

              -  「  フランクスレード 中佐  」

              -  『  セント オブ ウーマン  /  夢の香り  』   @ 1992

               

 音楽

              

             ... ロックは音楽にノイズを持ち込んだ

             これも 、 ロックジョンケージ的な側面です

             ... 上の二つの性質は

             後に エレクトロニカ に受け継がれ 、今に至っている。             

              -  「  坂本 龍一  」

              -  『  音楽は自由にする。  』   @ 2009  /  P.83

              

             地球は この宇宙では珍しい星である

             何が珍しいかというと 音のある星 なのである

             音 というのは 何かを媒体としなければ 伝達していかないのだが

             地球の場合には

             海中には 水 、 陸上 には 空気 という媒体物質があるために

             音が 存在している。           

              -  「  神津 善行  」

              -  『  植物と話がしたい  』   @ 1998  /  P.10

              

             不安な音色 とか旋律はないんだって気付いた

             大事なのは音が聞こえない状態

             つまり 全くの沈黙の長さと強弱だ 

             わかるかい?

 

             沈黙は 聞く人間の

             うんと 

             昔の記憶を震わせる

             歌ってのは

             その沈黙を刺激してやるだけでいいのさ。            

              -  「  キク / ハシ  」

              -  『  コインロッカー ベイビーズ  』   @ 1980  /  P.104

              

 小説

              

             愛してるよ 

             ― ほんとに?

             学者は 嘘はつかん

             よく 過ちをおかすだけだ。

              -  「  大生部 多一郎  」

              -  『  ガダラの豚  』   @ 1993  /  P.598

              

             世界が破滅するのと 、この僕が茶を飲めないのと

             どっちが一大事だと思う?

             世界は破滅しても

             僕はいつでも茶を飲まなくちゃいけないんだ。 

              -  「  わたし  」

              -  『  地下生活者の手記  』   /  米川 正夫 訳   @ 1864  /  P.107 

 

             皆の者 、 この金貨は わしのものだ

             奴を最初に見つけたのは わしだからな。

              

             だが 、白鯨を しとめるまでは 

             金貨は このままここに 置いておく事にする。

              

             そして 、 奴が 殺されるその日に 

             最初に 奴を見つけた者が

             金貨を取る事に しようではないか。

             もしその時もまた 、 このわしが奴を見つけた場合には

 

             この金貨の十倍の額を全員にくれてやる!

              

             では! 解散! 甲板の指揮は お主に任せたぞ。       

              -  「 エイハブ船長  」

              -  『 白鯨  』   /  八木 敏雄 訳   @ 1851  /  P.358

              

             バイセクは ホモとヘテロの中間地点じゃない

             全く別な第三の存在だ

             むしろ 、ホモとヘテロは 裏返せば同じものなんだ。 

 

             バイセクってのは 、同姓であるか異性であるかには 全然拘らない

             相手の人間が

             欲情する信号を発しているかどうかだけで判断する。        

              -  「  柴田 よしき  」

              -  『  聖なる黒夜  』   @ 2002

               

             僕は あんまり小さかったから  あの花を愛するって事が わからなかったんだ

              -  「  ぼく  」

              -  『  星の王子さま  』   /  内藤 濯 訳   @ 1962  /  P.43

               

 映画

 

             Are you talkin' to me ?

             オレに言ってるのか ?  

              -  「  トラヴィス  」

              -  『  タクシードライバー  』   @ 1976

              

             They're not beings.

             They're us.

              -  「  クーパー  」

              -  『  インターステラー  』   @ 2014

 

 

             A man tells his stories so many times

             何度も話をしてたら そのうちに

             that he becomes the stories.

             彼自身が物語になっちまったのさ。

              -  『  ビッグ フィッシュ  』   @ 2003

              

             真実と虚偽の混濁から生じるものは、虚偽 である。

             ( 撮影された演劇 ないしシネマ )

             虚偽は、もしそれが雑気のない虚偽であれば、真実 を作り出す。

             ( 演劇 )          

              -  「  ロベール ブレッソン  」

              -  『  シネマトグラフ覚書  』   @ 1975  /  P.27

              

             困った事に 、うまい。           

              -  「  佐々木 生栄  」

              -  『  おくりびと  』   @ 2008

              

 幸せについて

 

             Happiness is

             幸福 とは

             when what you think

             考えること

             what you say

             言うこと

             and what you do

             行うことが

             are in harmony.

             調和している 状態である。

              -  「  ガンジー  」

              

             金や名声や権力を手に入れようとするのは、

             現実的に見えて実は子供が泥団子を作って遊んでいるのと変わり無いものじゃ。

             死という誰もが避けられない現実がある限り、

             どれほど金や名声や権力を積み上げても時間によって無に還る。

             それは100%確実な事であり、

             誰にとっても現実というものなのじゃ。

              

             そのような死によって終わる事の無い境地だけが、

             本当の現実に対応していると言えるのじゃ。

             そのような境地を得る為に時間を使うのなら、

             それは遊びではなく現実に生きる事と言えるじゃろう。

              

             消えてしまう時間によって

             消えてしまう金や名声や権力というものを追いかけるならば、

              

             それは夢の中で生きているのと変わりは無い。

             いずれ死によって何もかもが夢となるじゃろう。

              

             消えてしまう時間によって、

             消える事の無いものを求めるならば、

             永遠に消える事の無い意識にたどり着くじゃろう。

              -  「  鬼和尚  」

              -  『  本当に努力する価値ある事に努力するのじゃ。  』   @ 2009

              

              

             1  「 世俗の幸福 」

              

             加害し合わないことから生じる幸福は、冷静に親しく交際することです。

             お互いに愛の眼で見、すれ違うとき目を背けたり無視することなく、

             乳と水のように親しみ、水と油のように憎み合う必要はありません。

              

             世界のすべての人が望んでいる平和は、この幸福です。だからブッダは、

             「 世俗の幸福 」あるいは「 世俗の領域が望む幸福 」と言われています。

              

             酔う水を飲むことや衛生を無視するなど、自分だけを苦しめることは

             直接他人に関係がなくても、そこには他人への迷惑が潜んでいます。

             酒を飲むことで近所から嫌われ、危険視され、何の役にも立たない人になり、

             それが妻子や一族の評判を落とし、価値や幸せのない家になります。

              

             だから

             『 多くの生き物の中で生きるには、慎み深く、注意を集中しなければならない 』

             というブッダの言葉は、直接殺害したり苦しめたりする意味だけでなく、

             当然この隠れた迷惑も意味すると言わなければなりません。

 

             2  「 身を焼き滅ぼす幸福 」

              

             ブッダが、幸福として金銀財宝、妻子や豪勢な家などを「 世俗の幸福 」と呼ばれないのは、

             それはただの陶酔、あるいは快適便利なだけで、

             自他を害さないことのように明瞭で、平和な幸福ではないからです。

              

             3  「 愛らしいものに欲情しない幸福 」

              

             五欲 ( 色欲、食欲、財欲、名誉欲、睡眠欲 ) と呼ぶ、愛らしくて心を膨らませるものも

             幸福を生じさせる原因ですが、欲情、愛、魅惑、満足などに依存しなければ幸福になれません。

             そして望みどおりになれれば癖になり、飽きてまた新しい対象を求めます。

              

             愛欲することは、悲しみや恐れ、疑心暗鬼や未練、嫉妬、落胆を生じさせる沼です。

             だから愛のある時は、いま挙げたいずれかの意味で悪の時です。

             反対に愛に淡白な時は、心が冷静ですっきりしている時です。

              

             だからブッダ

             『 愛に勝つことは幸福である。愛に負けた人は、その時自分自身がないので、

             何もかも愛に奉仕しなければならない。望みを叶えるために愛の努力をする人は、

             それ以上負けるものがないくらい、終始愛に負けている 』 と言っています。

              

             それまで愛して求めるためにあった欲情や愛を吐き出してしまうことは、 幸福への道であり、

             吐き出すことができれば、本当に穏やかな幸福です。

              

             4  「 静かな幸福 」

              

             これまで説明してきたのは、自分があると理解している自我の幸福だと知らなければなりません。

              

             「 自分 」という理解があれば、その人には自分自身があり、

             「 私は私、あの人はあの人 」という気持ちがあります。

             誰の自分かは、その人の自分です。

              

             子供はゴルフのどこが楽しいのか理解できないし、大人は二度と人形で遊びたいとは思いません。

             これは内面の気持ちが違うからです。

             様々なレベルの幸福を理解することや希求することも同じで、

             世俗的な感覚をどれだけ強く、深く、重く、あるいは浅く持っているか、

             心の感覚次第です。

              

             身体面でも精神面(mental)でも、全体的に言っても、部分的に言っても、

             人間の中に「 自分 」はありません。

             しかしまだ知らない時は、懐中時計の機械を初めて見た子供が、

             時計を生き物と思うのと同じように、自分があると思います。

              

             「 無我 」の人生、あるいは「 世界には自分、あるいは自我という状態がある 」 という気持ちのない人生は、

             自我の人生と正反対、あるいは明と暗のように違います。

             今まで、自分が好きなものを願望して呼吸をしていましたが、

             今は欲しいものがなく、自由で呼吸をしています。欲しい物がありません。

              

             かつて自分が好きだったものは、あってもなくても同じになり、

             死ぬことも生きることも同じになり、生まれるものも死ぬものもありません。

             あるのはそれ自体の成り行きで変転して行くものだけです。

              

             以前は愛欲で形、声、香、味、触を味わっていましたが、

             今は体を維持するため、あるいは命の自然で、何かを多少食べます。

             以前は自分が欲しいものに熱中するために生きていましたが、今はただ、

             この体を構成している物質の終焉まで、生きながら静かな幸福を味わいます

              -  「  プッタタート比丘  」

              -  「  幸福の話  」   @ 1935

 

働くこと

 

             明確な意図を持って仕事をすべきだ。

 

             自分が どういう人間か。

             人生で何を大切にしたいか はっきり意識し、 

             自分の前にある選択肢 と、それぞれの道を選んだ場合に待っている結果について 、

             深く理解しなくてはならない。

 

             そのためには、自分が望まない選択肢にはっきりノー を言う 勇気 が必要だ。

             自分が大切にしたい要素を優先させる職業生活を送れる場を積極的に探す姿勢が必要だ。

             他の人とは違う一人の個人として 自分の生き方に責任をもち、

             自分を確立していく覚悟が必要だ。

              

             未来の世界で、自分にとって大切な価値や自己像を追求できる可能性と、

             そのための選択と行動を行う自由を手にする。

             そういう時代には、社会や組織からどのような制約を課されているか認識し 、

             其の制約にどう向き合うかを決めるのが自分自身だと理解し、同時に 、

             自分の選択と行動がもたらす結果からは逃れられないのだと

             覚悟する必要がある。

              -  「  リンダ グラットン  」 

              -  『  ワークシフト  』   /  池村 千秋 訳   @ 2011  /  P.372

 

             高校生の頃、

             好きなことを仕事にするのはつらいよ、

             そこそこ好きなことを仕事に選ぶといいと助言された

              

             僕はその言葉に逆らった

             そして今それで良かったと思える

              

             この仕事がそこそこ好きなことだったら

             もう投げ出していただろう

              

             好きなことと自分はイコールだ

             自分を投げ出すわけにはいかない

              

              -  「  井上 雄彦  」

              -  『  バガボンド 28巻  』   @ 2008  /  後書き

              

 

             皿を洗っている時は

             それが人生で一番大切な事でなければなりません。

             お茶を飲む時は

             それが人生で一番大切な事なのです。

             お手洗いに行く 時も

             それを人生で一番大切な事にするのです。

              -  「  ティクナットハン  」

              -  『  マインドフルの奇跡  』   @ 1995  /  P.34

              

             あたりまえでよかった

             ごくあたりまえでよかったのだと 気づく こと

             そして ごくあたりまえの平凡な人になる

             これを仏道の人とも言うのです。

              -  「  板橋 興宗  」 

 

             道(さとり)は修行を要せぬものなり。

             ただ自己を汚さぬことなり。

              

             何が汚れかと問へば、

             生死の心を起こし、

              

             何かをなし、

             何かのためになすなら、

              

             すべてそれ汚れなり。

             あたりまへの心なるが道なり。

             書き下し文:

              -  「  馬祖 道一  」

              -  『  一休 / 水上 勉  』   @ 1975  /  P.61

              

              

             雲居高祖いはく、

             「 たとひ仏法辺事を学得する、*はやくこれ錯用心也 」。

 

             しかあれば、半枚学仏法辺事

             ひさしくあやまりきたること、

             日深月深なりといへども、

             これシャ皮袋に撞入 ( とうにゅう ) する狗子なるべし。

             知而今犯なりとも、有仏性なるべし。

 

             現代語訳:

             雲居道膺 ( よう ) は次のように云っている、

             「 たとえ仏法について学び仏道を成就するにも、

             *まず錯 ( あやま ) ちのなかに 迷いきることだ 」 と。

 

             *当ブログはこの様にお使い下さい

 

             このようであるから、仏法のすべてを学ぼうとするには

             妄念のなかに迷い 錯誤に錯誤をかさねてこそ、

             覚りは日に深く月に深まるのであって、

             これは 犬の皮袋に撞き入れられた犬にほかならない。

             知が深まれば更に錯りに入るので あって、

             それが人のありのままであり本性なのだ

              

              -  「  道元さん  」

              -  『  正法眼蔵  』   @ 1231 - 1253  / 1996  P.125

              -  「  石井 恭二 訳 / 仏性の巻  」

            

             雨にも 負けず 風にも 負けず

             雪にも 夏の暑さにも 負けぬ

             丈夫な からだを もち

             欲は なく

             決して 怒らず

             いつも静かに 笑っている

 

             一日に 玄米四合と 味噌と

             少しの野菜を 食べ

 

             あらゆることを 自分を勘定に入れずに

             よく見聞きし 分かり

             そして 忘れず

 

             野原の松の 林の陰の

             小さな萱ぶきの 小屋に いて

 

             東に 病気の子供 あれば

             行って 看病 してやり

 

             西に 疲れた母 あれば

             行って その稲の束を 負い

 

             南に 死にそうな人 あれば

             行って こわがらなくてもいいと いい

 

             北に 喧嘩や訴訟が あれば

             つまらないからやめろと いい

 

             日照りの時は 涙を流し

             寒さの夏は おろおろ歩き

             みんなに でくのぼ-と 呼ばれ

 

             褒められも せず

             苦にも されず

 

             そういうものに

             わたしは なりたい


              -  「  宮沢 賢治  」

              -  『  雨ニモマケズ  』   @ 1931

              

             音楽なんてね 、 皆さん 

             何も 特別なものでは ないんですよ。

             みんなが 好きな音楽を 聴いて

             好きな楽器を 弾きたいように 弾く、 と。

             それだけのことです。

             楽しいよ。

              -  「  植松 伸夫  」

              -  『  Final Fantasy 4 Celtic Moon ライナーノーツ  』   @ 1991

 

 

終わります。

またいつでも 見にいらしてください。

 

ご覧頂き ありがとうございました。

 

広告を非表示にする